安田式メソッド

運動が得意な子も、苦手な子も、自ら遊んで熱中出来る、

『やってみたい!もっと出来るようになりたい!』と思える、

友達同士お互いを意識し合って、共感し合える、運動遊びが大好きになる安田式について、

午前の部は子どもたちと一緒に実践を交え汗を流し、

午後の部は、より深く安田式遊具を知り、その指導法について学びました。

★安田式・・・熱中して遊ぶ。 配置を変えるだけで共感的な活動になる。 仲間の顔を見て遊ぶ。                         

※全ての遊具に子どもが熱中できる工夫がある

《 ポイント 》①全員が一斉に   ②待ち時間少なく   ③コースを選べる

《 ルール 》 ・ 押さない  ・ 落ちるとき手を前にして落ちよう 

サーキットあそび

『楽しいからこそ熱中し、自ら育つ。』

心と体の力みを取る

走る・転がる・ぶら下がる・跳びはねる・渡る・登る

何度も何度も挑戦して達成したとき、達成した後、繰り返してその満足感を味わっているとき、

夢中になる手のひらには『がんばりまめ』が生まれるそうです。

『楽しそう!やってみたい!できそう!できた!』

の体験をみんなで思いっきり味わって、心も体もたくましく育っていけるよう、

今後も職員で主体的な遊びを学びながら、保育を楽しんでいきたいと思います。

平均台

カラーマット

鉄棒

サーキットあそび

八角ジム

雲梯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。